スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外から届いた本たち

060515_2これはスウェーデンの「Do Redo デュレデュプロジェクト」から出版されている本です。

2004年秋に在日スウェーデン大使館で「Do Redo展」が開催されました。結構話題になったらしいので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。この時に会場で販売されていたのがこの本です。

かく言う私は展示会には行けませんでした。展示終了後に友人からこの本を見せてもらい、まさにストライクゾーン!
展示会を見られなかったことが残念で残念で、長~く「無念」を抱えていました。せめて本が欲しいと思ったものの、展示会後、国内では入手ができませんでした。

ところが、忘れかけていたこの2月に、再び「Do Redo」本を目にする機会があったのです。もうこうなると何かの縁。なんとか入手するしかない!
と言う訳で、Do Redoにメールを送りこの度無事入手できました♪

060515_3本の中身を少し紹介。
こんな感じのウールのリメイクものがたくさんのってます。リメイクと言っても、とってもキュートで斬新なデザインなんですよ。見ているだけで楽しくなっちゃう♪
北欧の国らしい、綺麗な色使いも素敵です。
あと編み物のことや刺繍に関する記述も少しあります。
Do Redoの活動は、「自分の手で何かを作ることがなんと簡単で楽しい事かを発見して欲しい」という観点から始まったのだそうです。ほんと、そんな主旨がとてもよく伝わってくる楽しい本。

2004年に開催されたデュレデュ展についてと、デュレデュ プロジェクトの主旨に関して、とても上手に紹介されている記事を見つけたので、リンクをはります。
ご興味のある方、私のつたない紹介は無視して、こちらをご覧になってみてくださいね。http://www.k2.dion.ne.jp/~kinumate/sweden/doredo.html

ところで、私が入手したのはこの本のスウェーデン語版です。
この他、デンマーク語版や英語版などが各国で出版されつつあり、なかなか盛り上がっているみたい。でも残念ながら日本語版はまだなんですよねー。

私としては、日本語版が欲しいし、できればもう一度「Do Redo」展を日本で開催して欲しい!
そしてワークショップに参加したい~!
興味のある方、どんどん問い合わせしてみませんか?
いつかそんな声が大きくなって、また日本にやってきてくれるかも☆

そしていいお話。
このデュレデュプロジェクト総勢5名のメンバーのうち、お一人はなんと日本人の女性なのです!なんだかちょっと誇らしいですね。
スウェーデン語が全く出来ない私が、本を入手できたのも、いろんな情報を知ることができたのも、実はこの方(佐藤さんとおっしゃいます)と連絡をとらせて頂いたから。そうです。問い合わせのメールはすべて日本語で大丈夫です☆

今年の冬は古いセーターでたくさん遊ぶぞぉ♪


060515_1そうでした。こんな本も届きました。

←イギリスの古本屋さんで見かけて、つい買ってしまった白糸刺繍の古い本です。
ユキパリスコレクションでも素敵な作品をたくさん見たし、そろそろ本気で白糸刺繍もやろう!

やること一杯だわ。忙しい忙しい。


スポンサーサイト

Comment

電話受付をやっております、入社2年目です。私は入社するまでパソコン初心者だったので、専門用語などはわからないことだらけです。ブログを勉強中です。

Bakuさん、すばらしい行動力。日本でイベントがある時、リンカランかクウネルに記事が載ってました。私もすごく興味をもちましたが、なにぶん遠いものであきらめてました。でも、その精神?は共感できるしぜひやってみたい事です。手はじめにセーターをフェルトにしてみようかと思ってます。でも、来シーズンかな(笑)。同好の士ができて嬉しいです。

きょさん、こんばんは!
やはりご存知でしたか。なぜ私は気づかなかったのだろうと、当時も随分悔やんだものです。また是非日本で企画展をやって欲しいですよね。
そういう計画が立ったときには、Do Redoの佐藤さんが連絡を下さるとおっしゃって下さいました。その時はまたこの場で皆さんにもお知らせしますね。
私もまずはセーターのフェルト化からのつもりです。ぜひ色々情報交換させて下さい♪

欲しいと思われていた本が、歳月を経てまた目にする事ができるなんて!まさに”縁”でしょうね。
無事に手元に届いて喜びが伝わってきそうです!
しかしながら、このような大きなプロジェクトがあったなんて初めて知りました。その中のメンバーに日本人の方がいらっしゃるっていうのも何だか感激ですね。
機会があれば一度は見てみたいな。
下の刺繍本、とってーも気になります!古本屋さんと言う事はなかなか手に入らないでしょうね~!

koiさん、こんばんは。
うふふ。「縁」ですよね。メンバーの佐藤さんにも本当にとても良くして頂いて、こういう縁を大事にしたいなぁと深く思いました。
今度関西に行くことがあったら、持参しますね。お会いできたら、是非見てくださいね。(企画展も東京で開催されるとは限らないそうなので、もしかしたらいつか本物が見れるかもです☆)
刺繍の本はたまにebayに出ているのを見かけます。ただ値段がとっても上がってしまうので、いつもあきらめてました。古本屋さんで見つけられれば、値段はそんなに高くないです。
ちなみに1958年のものなんですよ。いい本は長く大事にされるのですね♪

オーナー様へ
ブログ拝見させていただきましたが
最近売上げは伸びていますでしょうか?
アクセス数は減っていませんか?
もしブログで儲かりたいとお考えでしたら
今までとは全く違う「プロが薦める!稼げるMovableTypeのブログ」
をご紹介します。
儲かっているブログはほとんどこれを使っています!
嘘ではありません!!
★詳細は「Posted by」または「名前」をクリックするとご覧になれます。
★アフターケアも充実しておりますので安心です
きっとお役に立てると思いますよ! 本当にです!
最後までお読みいただきありがとうございました

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。