スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V&A美術館ホワイトワークの巻

お土産代わりにV&A美術館で撮影した写真をアップしました。
各写真をクリックして頂くと、少し大きめの写真が見れるかと思います。(ページが重くなってしまっているかも。不便でしたらごめんなさい。)
070530_1
V&A美術館でテキスタイルの作品はこのような棚に収納されています。
「study room」と称されるこの部屋にはこのような棚がずらっと並び、気に入った作品を取り出して、近くの机に持ち出しゆっくり鑑賞することができました。
070530_2
こちらはイタリアの大きなホワイトワークの作品です。
部屋が薄暗くて、全体像は撮影できませんでしたが、高さは1.5mほどもあろうかという大作。壁に飾ってありました。
070530_3
こちらは19世紀のフランス作品。仕立てはされていませんでした。
070530_4
1649年イギリスのカットワーク等の作品。リネンにリネン糸で刺繍されたものです。
070530_5
18世紀イギリスの作品。カットワークとドロンワーク。
070530_6
18世紀イギリスの作品。
070530_7
17世紀のイギリスの作品。コーラルステッチです。
とても美しいベビードレスでした。
070530_8
1962年イギリスの作品。
070530_9
1959年のイギリスの作品。信じられないぐらい細かい刺繍でした。
070530_10
上の作品の一部です。凄いですよね~。
070530_11
ドイツのホワイトワーク作品です。
070530_12
16-17世紀のイタリアの作品。

いかがでしょうか。
次は色糸を使った作品を紹介します。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。