スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスカ完成!

060331_1完成しました!
初の箱ものです☆

箱の組み立てが楽しかったです。これは予想以上の楽しさ。
工程に追いつくために必死なのにも関わらず、顔は笑っていると言う、怪しい人になっちゃうほどでした。
箱自体は最初にしては満足の仕上がり。
やはり課題は刺繍ですな。


060331_2蓋を開けるとこんな感じです。

ラベンダー色の外布にあわせて、内側もスモーキーピンク。
刺繍の色合いも控えめで、先生のセンスの良さを改めて感じます。


060331_3どこから作っているの?と言う質問をお受けしたので、完成前の写真を載せました。
私はまだ初級なので、カット済みの材料を使っています。
あともう一つ箱を作ったら、中級になって、カットも自分でやるようになるみたいです。
うふふ。そうです。中級の申し込みをしてきました☆
しばらく楽しい生活が続きそうです♪
スポンサーサイト

たまには猫のこと

あまり登場しないですが、我が家には御年15歳になるおばあちゃん猫が1匹います。

彼女は午前中遅くまで、我々のベッドで寝ています。
夏は掛け布団の上で、冬は私の腕枕で人間と同じように布団の中で寝るんです(冬は先に起きようと腕を抜くと「にゃぁ~」と怒られる。)

起きてまず要求することは、庭にでること。
窓の前で正座して、私が準備をするのを待っています。

060329_1その準備とは、
←ハーネスとリードをつけること。

このおばあちゃんは完全家飼いなので、一人で外にでると帰ってこれない、車に引かれる、などなど問題多々。

本人もその辺のところが分かっているのが、窓が開いていても、ハーネスをつけるまでは外に出ません(笑。


060329_2無心に若い笹の葉を食べるおばあちゃん。

写真撮ってるんだから、ちょっとはこっち向いてよね~。

で、しばらくすると、一人で部屋に入ってきて、リードとハーネスを外すまで、窓辺で正座して私を待ちます。年を重ねて知恵がついたねー。

気づかなくて待たせると、大声で鳴き騒ぐ。
これをやめてくれるといい子なんだけどなぁ。

このおばあちゃんの猫の名前は「キャンディー」通称キャン。
なんでこんな可愛い名前をつけたの?と言われる、鋭い眼光の持ち主です。

長生きしてねー。

フェリシモホワイトワーク

060327_1フェリシモのホワイトワーク第3弾です。
1ヶ月ぐらい前にここまで出来たのですが、その後「仕上げの神様」が降りてこなくて、どうアレンジするか決まりません。
今回は素直にキットどおりが一番可愛い気がする
でも我が家にはあんな可愛い雰囲気は似合わない・・・。
もう少し考えます。


060327_2今回は予想に反して、さっくり簡単にできました。
刺していて、一番ドキドキ楽しかったのがこれ←です。

説明書を読んでも、どんな柄がでるのか分からなかったのですが、刺し進むうちに「わお!」って感じ☆


キットを3つやってみて、「ホワイトワークが好き」という結論に達しました。
早速、先日越前屋さんに材料を調達に~(笑。
060327_3そこで発見したのが、この本です!
このシリーズのドロンワークの方はすでに入手済みだったのですが、こんなのも出ているとは知りませんでした。
喜び勇んで帰宅し、説明を読んだのですが・・・良く分かりません。あちゃ。
ぼちぼちいきます♪

フリー刺繍は不得手みたい

ここ数日、自由刺繍がうまくできなくて凹んでます。
先日の教室で、刺しながら「これはヤバイかも・・・。」
と悟ったので、しばらく練習布を用意して刺していたのですが、全然上手になりません(涙。
もうすぐお教室の日だし、その日までになんとか形にしなくては・・・。
ま、これも実力だし、と言う訳で完成させました。

060326_1今回は一色ざしで刺す「木」です。
これまた糸はすべて1本どり。
アウトライン以外に刺す場所の指定がなく、「感覚で刺していってください。」といわれた時点で、既に激しく動揺でした(苦笑。

できないことを出来るようにがんばるなんて、ここ最近していなかったですね。
ちょっとしんどいですが、がんばろう!

でも一つ分かったことが。
これまでサテンステッチとかアウトラインステッチで面を埋めると、布が激しくつれてしまって、それが気に入らなくて「廃棄」なんてこともまま。
今回も、木の幹がかなりつれてしまったのですが、アイロンを上手にかければ大丈夫と言う先生の言葉を信じて、最後までやりました。
そして、ちゃんと!アイロンでつれはなおせました。
そうだったのかぁ・・・これまでもったいないことをしてたな~。

次はいよいよ箱仕立てだ♪


久々の新作

0603232ヶ月ぶりに染木箱の新作ができました。
葡萄と馬飼いがいい感じの図案です。

本当は先生が作った「この箱」が欲しかったのですが、完成品の購入を禁止されているので、やむなく「そっくりさん」を自分で作りました。

元の木箱も一つ一つ違うし、草木の染料もその時々で発色や濃さが違って、全く同じものは絶対に作れません。それがいいところだったり、悔しいところだったり。

この箱も先生の作品とは違うものになりましたが、それはそれで気に入ってます。
刺繍の教室用のお裁縫箱になる予定です。

この箱は、dinosaurHP→handmade→染木箱 にもアップしています。

昨日から随分楽になりましたが、ここのところ花粉症と風邪?で、毎日ほけほけ~としておりました。

続きを読む »

まさにイージーソーイング

060308_1これ(ターコイズのベスト)は、making+にのっていた「イージーパターン・イージーソーイング」特集ページに載っていた型紙で作りました。
といっても、原型を留めていないですが。

パターン通りに縫った後、自分の体型に合わせて、ロックミシンでメスカットしながら、バッサバッサ切り落とし縫い(笑。
楽しかったです~☆

昔の装苑とか、makingとかmaking+とか、良かったですよね。
どうして廃刊になってしまったのだろう。
毎号買って置くべきだったと後悔。


060308_2そしてこちらは、MPLのカットソージャケットのアレンジパターン。
一色でシンプルに、と思っていたのですが、思いつきで首元と袖口に、タペストリーウールでステッチをしてみました。
これも、それはそれは楽しかったです~☆


こんな思いつきのお裁縫もたまには楽しいですね。

こちらは、dinosaurHP→sewingにもアップしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。