スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越します。

ご無沙汰しております。
かれこれ5ヶ月も更新をサボってしまって、お恥ずかしい限りです。

この5ヶ月で、生活環境に変化がありました。

●マンションに引越しをしました。→なかなか快適です。
●文鳥のおじいさん「うめちゃん」が亡くなりました。10歳でした。。。
●この週末に、仔犬が我が家にやってきます。

うめちゃんが亡くなったのは9月の頭でした。なかなか気持ちがついて来ず、気づくと
「あ、うめちゃん寒くないかしら?」などと考えている自分に慌てます。
それでもやはり、ゆっくり彼がいなくなったことを理解しつつある私。。。
いつもご機嫌で、穏やかなカワイイ子でした。
10年も一緒にいてくれた彼にとても感謝しています。

マンション住まいは、今まで築30年の古屋に住んでいた私には驚きと快適の二文字です。
仔犬もやってくるし、生活がどんどん変わっていく予感。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、心機一転?ブログもお引越しすることにしました(名称も変更)☆
(ほんとはカテゴリーの再振り分けが面倒・・・が一番の理由デス。)

新しいブログは、私の徒然日記にするつもりです。

リクガメのリクさん、おばあちゃん猫のきゃん、新しく来る仔犬(ブッキ♂)、
趣味の洋裁、刺繍、めったに行かないけど旅行、バルコニーで植物も育てたい!etc.・・・・

なんでもありになっちゃいますが、
もしよろしければ、今後もこちらで↓お付き合いください。

『あっちもこっちも』
http://acchimokocchimo.blog68.fc2.com/



***
ホームページの方も閉鎖かリニューアルか検討中です。
今しばらく放置することをご容赦ください。




スポンサーサイト

蝶のエスカ

080528 025_2

先日の虫ネタは不評のようでしたので、
少し前に作ったエスカでページ更新することにしました(^_^;

昨年末にお教室で作ったものです。

デザインを考えているときは、まさか先生のエスカ本の表紙が蝶になるとは思わず・・・。
先生も教えて下さっていたのです。
「私も参考作品として、六角形の蝶のエスカを作ったんですよ。」と。
あの時ちゃんと確認すべきでした。。。。

あんな素晴らしい蝶のエスカを見てしまったら、私のなんて・・・ぐすん。
でもいつまでも、いじけていられる性格でもないので、
恥ずかしげもなく更新してみました(笑。

この蝶は羽の大きさが左右で違います。なので真上から見ると少々不細工。
このぐらいの角度が、本当に飛んでるみたいに見えて好きです。

擬態?

(虫の画像が出てきます。苦手な方はご注意ください。)



今日バラの新芽をふと見たら、アレ?何か変です。
どこが変なのか分かりますか?
080412 039_3

赤い新芽になぜか枯れ枝が・・・・。
どうしたんだろう?・・・と摘み取ろうとして、気がつきました。

虫だ!

080412 041_2 080412 042_2

ちょっとお粗末ですが、カレは擬態してるのですよね????
でも、あまりに目立ってます。
(まぁ、見る角度が違えば少しは隠れてる・・・・かな?)


↓は私の学生時代からの愛読書。

gitai.jpg

この本の虫たちの擬態は、それはそれは見事です。
(虫好きという訳ではないのデス。)


せっかくなので、バラの写真も。
花も香りも抜群のアンブリッジです。今年も大きな花をたくさんつけてくれてます。

080412 044_2

西洋ハゴロモグサ(フレメ)

080519 013_2

久々のフレメです。やはりベングトソンさんのデザインは、色使いに癒されます。
雑草シリーズのLady's Mantle(西洋ハゴロモグザ)、ハーブの一種だそうです。
(Haandarbejdets Fremme/Gerda Bengtsson30-2762,07)

↓こちらが実物の写真
ar01_2.jpg

この写真を先に見ていれば、どうということはなかったのですが、
カタログできれいな黄色い花を想定していた私。
花部分に指定されていた花糸のあまりの「からし」ぶりに、かなり不安な最終ステッチとなりました。

↓花部分を入れる直前、そして花用の糸(26番です。)
080519 005_2080519 007_2

結果、「上品で落ち着いた植物だったのかぁ・・・」と安心し、さらに実物の写真を見て大いに納得。

080519 022_2

このように額装(業者さんにお願いしました。)されて、母のもとへお嫁に行きました。

そういえば、今回初めて刺繍額にアクリル板を入れました。(写真反射してますね(^_^; )
フレメの素朴さを愛しているので、これまでは麻布そのままだったのですが、
これはこれで高級感がでていいかも。ちょっと植物図みたいですね。

sanitaのサボ

080412 004_2

歩くたびに「ぽくり、ぽくり」と足音のするサボが好きです。
でもサボは木底なので歩くと足が疲れる。。。。
サボなのに足のホールドがよく、底にラバーが張られていてクッション性も高いと
評判の「sanita」を知ったのは何年前だったでしょうか。

日本に輸入されていない、このサボを探し続けて早数年、
ようやくこの度自分サイズのものを手に入れることができました。

普通の靴に比べるとまったく足にホールド感がありません。
なのに少しぐらい走っても絶対脱げない感じ♪
甲部分の形が巧妙なんでしょうね。

今日は久々にぽかぽか陽気。
ご機嫌でお出かけデビューさせました☆

『ぽくり、ぽくり』




<おまけ>
080412 001_2

久々のぽかぽか陽気に体がすっかりとろけてしまった我が家のおじいさん文鳥。
カメラの気配に敏感な彼、なかなか絶好の写真を撮らせてくれません。
今日も気づかれた!! せっかくの朝寝を邪魔してごめんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。